クラウドとは

「クラウド」とは正式名称を「クラウドコンピューティング(英: cloud computing)」といいます。これはネットワーク、その中でも特にインターネットをベースにしたコンピュータの利用形態のことをいいます。ユーザーはコンピュータの処理をこのネットワーク経由でサービスとして利用しているのです。また、なぜこのようなシステムを「クラウド」と呼ぶかというと、「クラウド」とは「雲」という意味で、従来「コンピュータシステムのイメージ図」を描くときにネットワークを雲の図で表す場合が多かった為に、それが由来だといわれています。人間の心理状態で例えるならば、無意識の世界がそれに当たります。記憶は『記憶がある』という認識に始まっていますが、そもそも無意識に記憶データはありますよね?職場のトラブルやストレスによりうつ病などになってしまった方の復職支援としてリワークプログラムというのがありますが、こちらも不快な概念という無意識の世界をコントロールして心理的圧迫を取り外し、うつ病を治療させ職場復帰を進めます。クラウドとはそういった本当はあるんだけど、各種データは雲の上に合って、そしていつでもどこでもアクセスが可能な情報流通形態のことを言います。

そして「Google クラウド」は「Google」が独自で利用することのできるシステムのことをいうのです。

「Google クラウド」は、「オンプレミス型」「ホスティング型」「ソフトウェア プラス サービス型」などのテクノロジーに比べて、革新的な機能をすぐに活用することができると言われています。さらに、信頼性と安全性に優れていますので、スケールメリットを生かして高いコスト効率を実現してくれているのです。

Googleは10年以上にわたって、クラウド コンピューティングの技術的な限界を突破し、世界を広げていってくれています。世界中の何億人ものユーザーから寄せられたフィードバックや使用統計を参考にして、ストレステストを行います。このストレステストを済ませたイノベーションを、ユーザー企業に前例のないくらいスピーディーに提供することに役立ってくれているのです。ビジネスの現場において、提供しているどの新機能が役立つのかをすばやく把握することで、その機能をさらに改善して、いち早く提供してくれているのです。また、「クラウド」によって実現することのできたイノベーションの提供には、従来型の「テクノロジー サイクル」と比較して、優れた点があります。それは、継続的に機能改善が提供されるのでユーザーが慣れることができ、新機能展開を行いやすくなるのです。この方法を利用し続ければ、変更のたびに発生する大規模な機能変化に戸惑わずに済むのです。ストレスも軽減され、改善が少しずつ利用することができます。