猫と暮らすためのペットリフォームのポイント

ペットと一緒に暮らすためにリフォームをする人もいるかもしれませんが、
ペットリフォームをする場合には少しコツがあるようです。

ペットリフォームといっても家のリフォームと違い、少し変えるだけなのですが、
猫ちゃんがいある場合には爪をといだりして障子・網戸・木のドア・壁紙など傷が付いたりすることもあるかもしれません。

猫ちゃんと暮らすためのリフォームのポイントは…

・爪とぎ

猫は爪をよく砥ぎますが、爪でいろいろなところをキズつけたり、
壊してしまうこともあります。

爪とぎ対策は…

傷がつかないように障子は樹脂製のものにしたり、網戸はステンレス網にしたり、
ドアはキズが付きにくい光沢仕上げのメラミン化粧板を使ったりして少し変えるといいかもしれません。

また、カーテンを登っていってしまう場合には、
ブラインド・ロールスクリーンなどにするといいかもしれません。

収納リフォームをする場合には扉をつけるようにしないと、
本など棚にあるものを落としてしまったり、本の背表紙などで爪をといでしまったり、
扉も爪をとぐ可能性があるので、素材はメラミン化粧板など、つるっとしたものにするようにしましょう。

最終的には、ペットリフォームの専門業者と相談して、希望の空間作り、予算などをすり合わせて決めるようにしましょう。

・臭い

猫は体臭よりもトイレの臭いの方が強くなります。

臭い対策は…

トイレは臭いが強いので消臭効果のある材質のものを使ったり、
消臭効果のある塗料を壁紙の下に塗ったりとすることで軽減されます。
また、トイレ付近には換気扇をつけてもいいかもしれません。

・運動

猫の運動は平行運動よりは上下運動をしてストレスを解消するといわれています。

運動対策は…

キャットウォークを作るなどするといいかもしれません。
猫は体をなめたり(グルーミング)して、その時に飲み込んだ毛を吐き出します。
その時にキャットウォークに吐き出す可能性もあるので、
作る時には脚立やイスなどにのって手の届くくらいの高さまでのするようにしましょう。

ペットリフォームをする場合にも工事をしている時には大きな音がしたり、
においがしたりするので十分に気をつけてあげるようにしましょう。