平屋住宅の利点について考える

平屋住宅というのは名前の通り平屋、1階のみの住宅になります。
戸建てを建てるというと2階建て、狭小住宅になると3階などにすることもありますが、
日本ではもともとは平屋住宅が主流になっていて、
家と庭というのを大切にしていました。

平屋住宅になると横に広くなるので、部屋数を多くしたり、
1部屋の広さを大きくすると土地もその分必要になってきます。
どのくらいの広さにするかということも変ってきますが、
平屋住宅にしても理想の設計をすることもできるのではないでしょうか。

平屋建てではなく2階建ての住宅を建てる場合には、2階建ての方が坪単価が高くなり、
建築面積は平屋住宅の方が床面積は1.5倍以上は必要になってきます。
柱の位置・壁は2階建てに比べるとあまり考えなくてもいいようです。

平屋住宅の特徴は廊下・階段が無いので掃除もしやすく、
高齢者には住みやすくなります。
そして、水回りなど家事の動線はまとまっています。
建築会社の方でも、こうした高齢者への安全な住まいの提供という視点から、
平屋住宅に注目をしている工務店なども多くなってきています。

埼玉県さいたま市の注文住宅なら山井建設|スモリの家:川口市・越谷市

平屋住宅にしたときの利点は移動しやすくて、メンテナンスもしやすくなります。
そして、階段が無いので上下移動をするということがなくて、
掃除機を持ったりすることもないので、掃除をするのが楽になります。
そして、段差が少ないので負担・事故が起こることも少なくなっています。

2階建ての場合には空気の循環がされにくいということもありますが、
平屋住宅の場合には風が全体的にいきわたるので風通しもよくなります。

また、ワンフロアーなのでリビングにも集まりやすく、
孤立するという場所がないので、小さい子供がいる場合には、
様子も分かりやすいので安心ができます。

収納という面においては階段が無いので無駄なスペースもなくて、
有効活用することもできて、増やすこともできます。

時々大きな地震が起こっている日本にとって耐震性能というのは非常に重要になりますが、
平屋住宅の場合には高さが低いので耐震性能が高くなっています。

欠点としては土地・面積が必要になり、夏の暑いときに窓を開けて寝たり、
洗濯ものを外に干したりする場合には防犯対策が必要となります。