農業IT化のメリットは何か

農業で起業を考えている、脱サラして農業を行いたいと思っている人も多いでしょう。
しかし、農業は種をまくための土壌を開墾し、種まき、間引き、水やり、収穫、選別、出荷など多くの作業が発生するので、農業の経験がない人には覚えることややることは沢山あります。

日本の農業は欧米諸国に比べて、資本力の問題もあり遅れを取っている状況です。
作業効率の悪い中での農作業は高齢者の多い日本の農家には負担が多く、
若者も大変な農作業を好まない傾向があるので、農業の人不足は加速してしまいます。
しかし、農業の効率化ができれば、少ない人手で大規模な農場経営ができ、
コスト面でのメリットも大きくなるでしょう。

農業のIT化のメリットはどのようなものがあるのでしょうか。
種まきから収穫までの農業のプロセスや、病害などのアクシデントの予測・管理をしてくれるソフトがあれば、
使用する肥料・農薬の量、収穫時期や繁忙期の一時雇用などを年間で予測・管理できるので無駄なコストが削減できます。
また、自動的に水やりが出来たり、収穫などが出来ればお年寄りや女性でも簡単に農業を営むことができるでしょう。

また、家畜などを営む産業では、牛の状況などを管理する為、無線LANなどを活用して逐一撮影し、その映像を監視することで、家畜の状況などを把握している農場もあります。

畜舎(プール)での牛の動態記録を屋外無線LANで | 屋外・野外無線LANのポジモ

今まではベテラン農家の経験と勘によるノウハウが簡単に継承できませんでしたが、
農業のIT化が進めば経験と勘により培われたベテラン農家のノウハウをデータ化でき、蓄積することもできます。
農業をIT化することにより、農業自体の競争力がアップするだけでなく、
多くの人が農業を行える環境ができるので人気の職業となるかもしれません。
また、農作物の品質改善や向上、農業の新しいビジネススタイルやモデルの誕生・確率も期待できるでしょう。

しかし、農業にIT化を普及させるのは容易なことではありません。
今まで培ってきた技術・業務スタイルがすべて覆されるかもしれないという心配もあると思いますが、
費用面の問題や、高齢者には覚えるのが大変ということもあります。
農業のIT化を普及させるためには、国レベルでの安定した支援が必要で、
補助金制度を設ける、サービス提供を義務化するなどの政策を行わなければ難しいでしょう。