Googleグループ

「Googleグループ(Google Groups)」はGoogleで利用することのできる無料サービスの1つです。これは、人同士のグループが共通の話題について話し合うことのできる場を提供してくれているのです。インターネットユーザーは、興味のあるディスカッショングループを見つけ出して、GoogleグループのWebインタフェースや電子メールなどを通してスレッド単位の会話に参加することができるのです。また参加することだけでなく、新たなグループを立ち上げることもできます。Googleグループの中には、1981年以降のネットニュースのニュースグループへの投稿のアーカイブもありますので、ニュースグループへの投稿と購読も可能なのです。さらに、他のところで立ち上げたメーリングリストのアーカイブなどをGoogleグループに設定することも可能なのです。

一般の企業はもちろんのこと、病院やクリニックなどでは多くの看護師が活躍していますが、勤務時間の形態も様々であるため、医療現場や患者さんの状況の情報共有としてGoogleグループが活用されています。また心理療法やカウンセリング、またはリワークプログラムの進捗情報の確認などタイムリーな情報が貴重なものとなる分野で多く活用されています。

グループの種類として、Googleは2種類のグループを提供してくれています。従来のネットニュースのグループと、メーリングリストに類似したネットニュースとは無関係のグループがあります。Googleグループのユーザインタフェースやヘルプ機構はこれらを区別しません。どちらもGoogleグループとして扱っているのです。両者は使用するテクノロジーが異なりますので、管理手法も異なります。しかし、Googleグループのユーザインタフェースは新たなメーリングリスト型グループを作成できるようになっていますが、ネットニュースのグループは新規作成することができません。ネットニュースは分散型でありますので、単一の組織が運営しているわけではありません。また、Google以外の多数の組織がニュースグループへのアクセスを提供しています。一般に「NNTPプロトコル」というものを使って、ニュースリーダーと呼ばれるソフトウェアを使ってアクセスしています。多くのニュースグループには管理者(モデレータ)とよばれるものが存在していません。Googleは「X-No-Archiveヘッダ」を認識しています。このヘッダが「YES」になっているメッセージは7日間だけ保持するようになっています。通常のグループはGoogleが運営しています。