Googleカレンダー

GoogleカレンダーとはGoogleが開発したカレンダーサービスのことです。「Ajax技術」という方法に基づいて、拡張的なインタフェースだということで知名度をあげています。同じようにカレンダー機能を利用できる、競合的なサービスのなかには、iCal,Mozilla Sunbird,Microsoft Outlookなどがあげられるでしょう。

Googleカレンダーは、Gmailのアカウントを持っていれば利用することが可能です。アカウントを登録した後、ログイン画面からわかりやすく飛ぶことができますので、スケジュール管理に役立てましょう。また、Google カレンダーはWebを介してスケジュール管理を行うことのできるサービスでありますので、Gmailアカウントを持っている人ならばスケジュールを共有することができます。自分のスケジュールだけでなく、会議や商談などで人を集めたいときにも役立つでしょう。また、ics形式でのエクスポートに対応していますので、ほかのアプリケーションとの連携も可能なのです。カレンダー機能だけでなく、Google トークやGoogle ドキュメント(次項)とも連携させるとより幅が広がりそうですね。さらに、時間を指定しておけば、確認などをするためにメールでの通知機能を設定することもできるのです。

Google カレンダーは先ほども述べた通り、「Ajax」を利用しています。なので、画面遷移を伴わずにスケジュールの編集を行うことやドラッグで時間を指定することなどが可能なのです。うつ病の回復と職場復帰を趣旨とするリワークプログラムにおいては、入所からの日数把握などにカレンダーが活躍していますし、またうつ病治療に欠かせない薬物治療の際の予定確認などにも活用されています。一部のブラウザやブラウザの設定によってはJavascriptを無効にしている場合が存在します。この場合には機能の一部を利用することができませんので気をつけましょう。Javascript(ジャバスクリプト)とは、主にウェブブラウザなどのクライアントサイドで実装されていて、動的なウェブサイトの構築や、RIAなどの高度なユーザインタフェースの開発に用いられている言葉です。セキュリティの面で設定されていることが多いようです。