職場のメンタルヘルスにおけるラインケア

職場におけるメンタルヘルスは、ここ数年問題になってきています。
メンタルヘルスとは心の健康の事で、ストレス社会の現代では誰もが多かれ少なかれストレスを感じています。

特に職場の仕事の悩みや人間関係でのストレスは尽きない物。
インターネット社会でIT機器がより便利になったのはいいけど、休日も勤務時間外もなく連絡が入ることがあったり、何事も競争競争という世の中もその要因の1つと言えます。

あまりに積もり積もると鬱病などのメンタル不調に陥り、休職や退職も辞さなくなってしまいます。

まだまだこういった病には理解が薄く、「弱いから鬱病になる」「鬱病になるような弱い社員は不要」という扱いをされてしまうのもまた事実です。

そういったことを阻止するためにも職場におけるセルフケアの推奨はもちろん、ラインケアと言うのを取り入れている企業が増えてきています。

ラインケアとは、管理監督者が個別での社員への指導、相談や職場環境改善を行う取りおこなうことです。

管理監督者は多くは部下を持つ立場の人が多内ますが、部下である人の状況を日常的に把握し、ストレスの要因とその改善を図ることが可能な立場にあります。

そのためには、職場環境の改善と部下である労働者からの相談対応をすることが必要とされます。

そして事業者は実行できる環境を作る必要があり、ラインケアに関する教育・研修、情報提供を行わなけれえばなりません。

■メンタルヘルス関連の支援を行う会社
株式会社フィスメック

具体的に、次に事項が挙げられます。

・メンタルヘルスに対する基本知識
・労働者への対応の仕方
・休職中や復職者への支援方法
・産業医や外部支援者との連携の取り方
・セルフケアの方法
・個人情報の保護 

あくまで管理監督者は、部下を先導するというポジションの人です。

自らの人間性や知識、技術の向上に努め、しっかりとした基盤の上で対応していくことが大切です。

メンタル不調での休職や退職程、企業にとって勿体無い事はありません。

ラインケアをうまく取り入れて、ストレスの少ない環境を作っていくことが業績アップにもつながると言っても過言ではありません。